×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ジャズ100本ノック !!

スウィンギン・ソフトリー/ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ
SWINGIN' SOFTLY/JOS VAN BEEST TRIO
(ATELIER SAWANO AS-036)
1.Stella By Starlight(6:36) 2.Telkens Weer(3:45) 3.You Are The Sunshine Of My Life(4:17) 4.Autumn Leaves(7:52) 5.Have You Met Miss Jones(4:58) 6.Manhe De Carnaval(8:06) 7.Satin Doll(6:14) 8.Here's That Rainy Day(7:27) 9.Flamingo(7:18) 10.Dreamland(2:57)

ピアニスト、ヨス・ヴァン・ビーストのピアノトリオ作品。澤野工房作品の中では常連の部類に入るピアニストだ。甘ったるいロマンチックさと品の良さを持ち合わせている。強くガンガンぶつかっていくタイプではなく、やんわりとソフトに懐柔していくタイプである。そのため、ストレスのたまった心を解きほぐし、リラックスした気分にさせてくれる。
本作では「枯葉」などスタンダード作や他のアーティストの作品が主で、ヨス・ヴァン・ビースト作曲の曲はラストの「Dreamland」だけである。しかし、スタンダードや他の作品でも、自分の守備範囲にスーッと引き込んできて、自分のフィールドで勝負している。そのため不自然さがなく、ピュアな状態で心の中に入ってくる。
ベースやドラムもソロを取らず、脇役に徹している。脇役としての役目を十分に果たしていて、前に出すぎることもなく、ヨス・ヴァン・ビーストのピアノの色彩をさらに鮮やかに演出している。
ただし、目立った聴きどころがなく、思わず聞き込んでしまうことがない。BGMとして害も益もなく、なんとなく聞き流してしまう。どこかに「ここは是非聞いてほしい!」というポイントがあれば良かったのだが、そういう点は特にない。ということで、以上でレビュー終わり。最初からレビュー書かない方が良かったのかな?




ホームに戻る