×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ジャズ100本ノック !!

Amazonへ キューズ・グルーヴ/Q・いしかわ
Q's GROOVE/Q Ishikawa
(What'sNewRecord WNCJ-2118)
1.It Had To Be You(5:01) 2.It's All Good(5:53) 3.Chances Are Few(6:36) 4.All The Things You Are(7:42) 5.Everything Happens To Me(7:20) 6.Nica's Dream(5:23) 7.I Remember Clifford(2:52) 8.Blues For School Boy(7:17) 9.Recado Bossa Nova (The Gift)(7:57) 10.What Is Thus Things Called Love(6:26)

私の一番好きな楽器はテナー・サックスだ。
ディスクの紹介代わりに、この作品と出会ったエピソードを披露したい。

いきつけのジャズ喫茶に入った。私好みのテナーが流れている。それも大好きな骨太のテナーの音だ。
頭の中の辞書を検索してみた。ソニー・ロリンズにしては太すぎるし、もちろん繊細なコルトレーンの音ではない。
でも、とにかく気に入った。
なぜか、他のお客さんが、一曲終わるたびに拍手をしている。何なのだ?これは何のイベントだ?
テナーの音同様、骨太なスキャットの曲が終わり、このディスクも終了した。また拍手。
すっと、カウンターの右の席にいた老紳士が立ち上がった。マスターが「この人が今の…」。
その瞬間、頭の中の点と点が線でつながった。心の中では「うえええっ!!」と叫んでいた。
そう、この老紳士こそQ・いしかわ氏だったのだ。アーティストと一緒に並んで、そのアーティストの曲が流れていると いうシチュエーションは二度とないだろう。本当に驚いた。
数日後、早速入手したのは言うまでもない。




ホームに戻る