×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ジャズ100本ノック !!

Amazonへ スウィング!シナトラ=ベイシー=クインシー/フランク・シナトラ&カウント・ベイシー
IT MIGHT AS WELL BE SWING/FRANK SINATRA
(ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-2254)
1.Fly Me To The Moon (In Other Words)(2:31)
2.I Wish You Love(2:57)
3.I Believe In You(2:22)
4.More(3:06)
5.I Can't Stop Loving You(3:02)
6.Hello, Dolly!(2:46)
7.I Wanna Be Around(2:22)
8.The Best Is Yet To Come(2:56)
9.The Good Life(2:29)
10.Wives And Lovers(2:48)

「♪フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン♪」
この曲だけでも聴く価値あり。落ち込んでいる時に聴くと、月までぶっ飛ばしてくれる。
いちばん大好きな明るいスウィング・オーケストラ、カウント・ベイシー。
繊細さも豪快さも持ち合わせている、これまた大好きなヴォーカリスト、フランク・シナトラ。
この2人がタッグを組んで、愚作など生まれるはずがない。
シナトラが歌い上げている時、ベイシー・オーケストラは脇役に回り、スウィング感を醸し出す。
シナトラが歌い終わり休憩に入った、と思いきや、ベイシー・オーケストラはシナトラを押しのけて 前面のさらに前面に出てきて、ホーン・セクションがブワンブワンと弾ける。
ピアノトリオでこの曲を取り上げているアーティストもいるが、陰気で「フライ・ミー」と言えるものではなく 逆に地中に沈んでいきそうだった。「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」を演らせるなら、シナトラ&ベイシーを 置いて他にないと再認識した。





ホームに戻る